賃貸契約に必要な印鑑

賃貸契約に必要な印鑑とは

賃貸契約のための印鑑証明の値段

賃貸契約するためには、契約書を締結する際に、使用する印鑑の印鑑証明がいる場合があります。賃貸物件の家主が入居する者を厳密に本人確認した場合に、使用するからです。この印鑑証明は、管轄する市役所で印鑑を登録しておく必要がありますが、三文判などのどこでも売っている印鑑では意味がありません。それなりに値段が張っても、自分専用のオリジナルな印鑑を作っておき、それを登録しておくことが、本人の身分証明的な役割を果たすことにもなるのです。登録する印鑑は、自分しか使用しないことから、契約自体の効力もより高いものになるのです。

賃貸契約時に必要な印鑑証明

賃貸で部屋を探す時には、家賃だけではなく初期費用や必要書類をあらかじめ準備しておく必要があります。初期費用とは、敷金や礼金、家賃、火災保険料、仲介手数料などで、家賃半年分程度のかなり高額な費用が必要となります。また、身分証明書や住民票、印鑑、印鑑証明書、収入を証明する書類、金融口座印などの必要書類も契約時には準備しておくことが大切です。そのため、どんなに気に入った賃貸物件がみつかったとしても、こういった初期費用や必要書類を準備できなければ、契約することができませんから、事前に余裕を持って準備をしておくことが大切です。

↑PAGE TOP